サイボーグ役俳優、ジョス・ウェドン告発の詳細を明かさないのはなぜなのか? - スタジオとの契約が影響か

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

先日コミック映画ファンにとっては驚くべきニュースだった、サイボーグ役俳優のレイ・フィッシャーによるジョス・ウェドン監督の告発ツイート

『ジャスティスリーグ』で途中降板したザック・スナイダー監督の後を継いだジョス・ウェドン監督であったが、現場でのキャストやスタッフに対する態度が耐え難いものであったことをレイ・フィッシャーが自身のツイッターで明かしたのだ。

告発を支持するものも多く現れたが、詳細な内容については口を閉ざしたままだ。

その理由をレイ・フィッシャー本人がコメントしてくれた。

秘密保持契約によって明かせず

レイ・フィッシャーは自身のインスタグラムライブにて、先日のジョス・ウェドン監督に関する告発に関して話した。その中で彼が詳細を明かすことができない理由を説明している。

Justice League Star Ray Fisher Hints NDA Is Preventing Him From Saying More On Joss Whedon

『私はまだ契約中の身であり、依然として秘密保持契約(NDA)の元にいます。なので私は自分の発言内容に細心の注意を払わねばなりません。そうでなければ訴えられてしまいます。免責事項もあります。今現在詳細について知りたがっている人には申し訳ないですが、現時点でお話しすることはできません。

このコメントに対して一部のファンは「訴えられても代わりに強い影響力」を持てるとアドバイスをしたが、彼自身はそのようなことは求めてはいないという。

レイ・フィッシャーは告発の以前にも自身がサンディエゴコミコン2017のステージで話したジョス・ウェドン監督を称賛するコメントを撤回していたことがある。

彼の告発に支持表明をしている人々の中にも同じようにNDAを結んでいる者も多くいることは間違いないだろう。
しかしNDAの契約自体にどれほどの有効期限が設けられているかは不明で、更新などがあるかどうかも知ることはできない。

時間が経てば彼らの誰かがもう一度名乗りを上げる可能性は十分にある。果たしてこの問題が解決する日はいつになるのだろうか?今後の情報に注目だ。

関連記事を読む

コメントをする