パワーレンジャー最新作は『騎士竜戦隊リュウソウジャー』に! - 21年に放送開始か

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

アメリカで放送されているスーパー戦隊のリメイク作品『パワーレンジャー』。現在は『特命戦隊ゴーバスターズ』を元にした『パワーレンジャー ビーストモーファーズ』のシーズン2が放送されている。
この作品からおもちゃを販売するメーカーがバンダイアメリカからハズブロに写り、アメリカファンの間でも大いに注目を集めていた。

そんな『パワーレンジャー』シリーズの最新作がハズブロから発表された!

複数のシリーズを飛ばされる理由は?

トイメーカーのハズブロはおもちゃのイベント「トイフェア2020」のプレゼンテーションにて、『パワーレンジャー』次作が現在日本で放送中の『騎士竜戦隊リュウソウジャー』を元にすることを明かした。

『リュウソウジャー』は太古の地球に存在したリュウソウ族の戦士が、騎士竜の力によってリュウソウジャーへと変身し、悪の組織ドルイドンから地球を守るというストーリー。日本の子供にも人気の高い恐竜をモチーフにした戦隊で、『ジュウレンジャー』『アバレンジャー』『キョウリュウジャー』に続いて4作目となっている。

アメリカでも歴代恐竜モチーフ戦隊がパワーレンジャー化されているため、リュウソウジャーもそれに続く形となっています。

スーパー戦隊ファンとして気になる点としてはやはり依然としてパワーレンジャー化されていないシリーズたち。以前までは日本のシリーズ展開を追うようにリメイクされてきたが、現状はいくつかのシリーズが飛ばされている。

『トッキュウジャー』『ジュウオウジャー』『キュウレンジャー』『ルパンレンジャーVSパトレンジャー』はパワーレンジャー化されないでいる。
その理由については明らかにされていないが、アメリカの子供たちの人気モチーフの違いや規制などが大きく影響していることがわかる(電車が人気ではないためトッキュウジャーがパワレン化されないなど)。

現在放送している『ゴーバスターズ』を元にした『ビーストモーファーズ』は特殊な例で、『ニンニンジャー』を元にした『ニンジャスティール』からいきなり過去のシリーズに戻る形でリメイクされた。

リュウソウジャー版パワーレンジャーの正式タイトルや詳細情報は明らかにされていないため、どこまで設定が引き継がれていのかはわかっていない。1つ注目すべきは、ハズブロが『リュウソウジャー』のおもちゃをどのように作り変えて商品展開をしていくかでしょう。バンダイ製品とはまた違った解釈や遊び方でおもちゃを作っていくため、日本のファンも注目すべきでしょう。

今後パワレン最新作の情報が入ったらいち早くお伝えしていきます。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

  1. アバター ぽん より:

    先月に出た、リュウソウが次回作のパワーレンジャーになるとのリーク記事によると、カジキのゴーグルの安全性と人数が多すぎるからハズブロはキュウレンジャーを避けてる、と書いてました。

    そう考えるとキュウレンジャーのパワーレンジャー化は無いでしょう。

    キュウレンジャーになったら人数が多過ぎてライトニングコレクションで全レンジャーが尚更出なくなると思います。

    キュウレンジャーが発表された当初はパワーレンジャー化を意識したと報じられましたが、あれはバンダイアメリカでの話であり、サバンとバンダイが契約更新しなかった今はなくなったんでしょう。

    バンダイアメリカのままならニンジャスティールの次がキュウレンジャーだったと思いますよ。

    ゴーバスになったのはバンダイでなくなったからでしょう。

    リュウソウジャーも好きなデザインなので6人全員ライトニングコレクションで出して欲しいですね。

    現行シリーズのベーシックフィギュアが細身なのでガッチリしたスタイルに改善されたら良いと思います。

    • ゆとぴ ゆとぴ より:

      なるほどそういうことなんですね。キュウレンジャーとちょっと期待していましたが残念ですね。
      リュウソウジャーも楽しみではあるので、いろいろとおもちゃの展開は期待したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です