『Ms.マーベル』、『エージェント・オブ・シールド』のインヒューマンズと関連したかも? ー VFXアーティストが独自の取り組みを明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズのドラマ作品としてDisney+ (ディズニープラス)で配信された『Ms.マーベル』
主人公のカマラ・カーンはコミックではインヒューマンズの一人であり、その設定がドラマのなかで持ち込まれるのかと注目もされていたが、結果的にはそのような演出はなかった。

この点について今作のVFXアーティストであるケヴィン・ユイル氏海外メディアのインタビューにて、『エージェント・オブ・シールド』で描かれたテリジェンミストを浴びたインヒューマンズの表現を今作にも導入しようとしていたことを明らかにした。

『私たちの会社は「エージェント・オブ・シールド」の全てのシーズンで制作をしてきました。パイロット版の時代からです。私たちのテリジェンミストに関するアイディアはマーベル・スタジオは採用しませんでしたが、劇中に登場した結晶化した人間の姿は少し似ていますね!ただ元々はもっと火山による硬質化みたいな感じでした。彼らがX-MENかインヒューマンズかどちらの進んでいるかは私たちの給与レベルでは知ることは出来ません』

Ms.マーベルは近年のマーベルキャラクターのなかでも最も設定が変更されたキャラクターでもあり、能力表現も体の拡大・縮小から結晶を自在に生み出すというものに変更されていた。さらにはインヒューマンズも登場することはなく、謎のバングルをつけることによって力を得ていた。

そのためマーベル・スタジオとしては積極的にインヒューマンズの開発を進めていないと思われている。むしろ『X-MEN』に注力していくほうが自然とも言えるだろう。

インヒューマンズが最後に扱われたのは『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』でのアース838のイルミナティに所属していたブラックボルトだった。演じたのはドラマ『インヒューマンズ』で同役を演じたアンソン・マウントだったことはサプライズにもなっていた。

今後はインヒューマンズをどのように扱っていくかは気になるところだ。

『Ms.マーベル』はDisney+ (ディズニープラス)で全話配信中だ。

『Ms.マーベル』が見放題

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。