『モービウス』、10月から更なる延期へ - 2022年1月21日に全米公開に

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ソニー・ピクチャーズが製作したマーベル映画『モービウス』は、新型コロナウイルスの影響によって大きく延期を食らっている映画の一つではあるが、すでに2021年に入って3月から10月に公開が延期されていた。

しかしまた更なる延期の情報が公式より発表された。

2021年10月8日に公開を予定していた『モービウス』がさらに延期をして、2022年1月21日に全米公開することが決定された。日本での公開日は明らかにされていない。
これで当初の公開予定の2020年7月から1年半以上の公開延期をすることとなってしまった。

ソニー・ピクチャーズは他にもマーベル作品として『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の公開を控えているが、関係者からのコメントによると新型コロナウイルスの感染拡大が止まるまでは公開しないともコメントされていた。

この状態ならば『モービウス』とともに『ヴェノム』の方も延期は免れないと予想されている。

MCUシリーズのスパイダーマンとも関連性があるといわれていただけに、今後の計画が大きく変更されることもありえるだろう。

果たして無事にソニー・ピクチャーズのマーベル作品を観れる日はくるのだろうか?今後の情報に注目だ。

関連記事を読む

コメントをする