『モービウス』、米国公開日が2021年3月19日に延期へ - 新型コロナウイルスの影響により

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

またもや残念なニュースが入ってきた。

ソニー・ピクチャーズが2020年7月31日に全米公開を予定していたスパイダーマン・スピンオフ映画『モービウス』が、2021年3月19日に公開延期されることがわかった。

Morbius Delayed to Next Year Due to Coronavirus Pandemic

アメリカでも感染拡大している新型コロナウイルスの影響によっての措置だと思われる。
ちなみにトム・ハーディ主演の『ヴェノム2』も一時は公開延期の噂が立っていたが、今のところはそのような情報は公表されていない。

これで4月から7月に公開を予定していた映画は全て公開延期されることになった。

ウォルト・ディズニー社は『ニューミュータンツ』『ブラックウィドウ』の公開延期を決定しており、現状では新しい公開日は設定されていない。
またワーナーブラザースは『ワンダーウーマン1984』の公開日を6月から8月に移動させている。合わせて日本公開日も後ろ倒しになる予定だ。

『モービウス』がなぜこれほどまでに大きく延期されたのかはわからないが、繋がりがあるとされるMCU版『スパイダーマン3』よりは早い公開日となっているため、ひょっとすると新しいサプライズを用意しているのかもしれない。

新型コロナウイルスの影響が続く中で悲しいニュースが多くなっているが、ここを乗り越えればまた楽しいアメコミライフを送ることができる。今はとにかく感染拡大させないように一丸となって協力していこう。

今後新たな情報が公開され次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする