『ムーンナイト』監督、マーク・ラファロ出演のウワサの真相に言及 ー 「別の映画の撮影です」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

Disney+ (ディズニープラス)で配信されたマーベルドラマ『ムーンナイト』
今作にはMCUシリーズながらも他の作品のキャラクターが登場しなかったり、設定などもあまり盛り込まれない独自性の高さも話題になった作品となっていた。

一方で配信前からウワサにあったブルース・バナー/ハルクを演じるマーク・ラファロの出演に関しては実現はしていなかった。このウワサの発端になったのは今作が撮影されていたブダペストにてキャストが泊まるホテルと同じところで彼が目撃されたことから始まっていた。

この真相について『ムーンナイト』のモハメド・ディアブ監督は海外メディアのComicbook.comのインタビューに対して話してくれた。

『私たちはブダペストで撮影していました。この街は最近では映画を撮影するためのハブのようは場所です。それでマーク・ラファロはそこで別の映画を撮影していました。それだけです。ここは小さな街で同じホテルに彼はいました

つまりはマーク・ラファロは別の映画の撮影のためにたまたま同じホテルに宿泊していただけということだった。なんともあっさりした真相だ。
ファンが『ムーンナイト』に出演していると推測してしまうのは無理もないが、なんともややこしい限り。

ちなみにマーク・ラファロが出演する次のMCU作品は同じくDisney+ (ディズニープラス)で配信予定の『シー・ハルク』だ。今作はまだ配信日は決定していないが、年内に配信されると言われている。

ブルース・バナーの従姉妹ジェニファー・ウォルターズを主人公とした作品で、コメディ要素もあるドラマシリーズになるとのことだ。

いずれにしてもハルクが登場していなくとも『ムーンナイト』は非常に評価の高いドラマシリーズとなっている。改めてこの特殊な世界観を楽しむのも良いかもしれない。今作は全話がDisney+ (ディズニープラス)で配信中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

  1. 名無し より:

    ブルースウェインになってます。

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。