マーベル・スタジオ代表、MCUフェイズ4へのパンデミックの影響に言及 ー ねじれた唯一のものとは

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

間もなく公開するMCUシリーズ最新作の『ブラックウィドウ』
今作はもともと2020年に公開する予定だったフェイズ4の最初の映画であったが、ご存知の通り新型コロナウイルスの影響のよって1年以上の公開延期をすることとなった。

フェイズ4がスタートするというタイミングでもあったため、計画が大きく変更されてしまったのではないかと推測するファンもいるが、実はそこまで影響は少ないようだ。

『ブラックウィドウ』と『ファルコン&ウィンターソルジャー』の繋がり?

マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏によると、パンデミックによるMCUフェイズ4の計画のズレは意外と少なかったようだ。

『もともと「ブラックウィドウ」に最初に登場して、次に「ファルコンとウィンターソルジャー」に登場する予定だったイースターエッグがありました。これがパンデミックで唯一ねじれたしまった部分です。』

すでにDisney+ (ディズニープラス)で配信されているドラマ『ファルコン&ウィンターソルジャー』は本来『ブラックウィドウ』の公開後に配信を予定していたが、現在は順番が逆になっている。

配信前はこの2つの作品に何かしらの繋がりがあることや、『ファルコン&ウィンターソルジャー』の方に映画のネタバレが含まれているとも予想されていたが、小ネタレベルのものは両方の作品に含まれているようだ。

共通するイースターエッグがキャラのことなのかは謎なのだが、順番が逆になっても問題ないのはファンとしてはありがたいところだ。

『ブラックウィドウ』を観る前に軽く『ファルコン&ウィンターソルジャー』を復習しておくのも良いかもしれない。映画は2021年7月8日に劇場公開予定、9日よりDisney+ (ディズニープラス)で配信を予定している。

関連記事を読む

コメントをする