マーベルレジェンド ウルヴァリン(オリジン) レビュー

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベルレジェンド ウルヴァリン(オリジン)のレビューです。

マーベルレジェンド ウルヴァリン(オリジン) レビュー

発売日2020年10月
メーカーハズブロ
作品『X-MEN:ZERO』

マーベルレジェンド ウルヴァリン(オリジン)のパッケージ

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー パッケージ

まずはパッケージ。もはやおなじみとなった実写版『X-MEN』系のデザインを今回のウルヴァリンでも踏襲している。

  • マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー パッケージ
  • マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー パッケージ

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー パッケージ

サイドと裏面にはシルエットイラスト。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー パッケージ

ブリスター状態。全体的にもシンプルな内容物。

マーベルレジェンド ウルヴァリン(オリジン)の本体

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

早速取り出して、マーベルレジェンド ウルヴァリン(オリジン)のレビューをしていこう。まずは全身から。

  • マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体
  • マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

ぐるっと一周。がっちりしたウルヴァリンのスタイルをイメージ通りに再現している。新規造形のパーツばかりというわけではなさそうだが、それでも劇中イメージを崩れない形で立体化しているのはお見事。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

  • マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体
  • マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

バストアップ。デフォルトのヘッドは比較的おとなしめな表情に。口ひげとアゴヒゲの塗装は少し雑だが、それ以外のもみあげや髪の表現はお見事。眉や目はデジプリによって再現されている。顔の造形も問題なさそうだ。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

服はタンクトップ。そのため腕が大きく露出した姿となっている。微妙に黄色がかった塗装もされているのが特徴的。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

しっかりとした背筋も。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

2個のドッグタグは一体化しているが、別パーツのため本体から外すことも可能。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

腕は筋肉隆々な太い腕に。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

首から肩のラインを自然にみせるための突起パーツもある。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

筋肉の造形や微妙に血管の浮かび上がった造形も見られる。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

脚は明めなブルーのジーンズとなっており、結構太めな脚の表現をしている。しわのよった感じもリアル。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

ジーンズの擦れた感じも結構大胆な色使いで再現している。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体

靴はかなりシンプルな革靴風。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 本体 ローガン 比較

今まで発売したマーベルレジェンドの実写系ウルヴァリンと比較。左が同じく『X-MEN:ZERO』のウルヴァリン、右がローガン。こうやって比べるとローガンがだいぶ細身なのが目立っている。

マーベルレジェンド ウルヴァリン(オリジン)の付属品一覧

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 付属品 アダマンチウム 手首パーツ

次は付属品を見ていこう。こちらはアダマンチウムのクローがついた手首パーツ。両手分ついている。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 付属品 差し替えヘッド

こちらは食いしばり顔のヘッドパーツ。前髪も微妙に異なっている。

マーベルレジェンド ウルヴァリン(オリジン)の可動範囲

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 可動範囲

次はマーベルレジェンド ウルヴァリン(オリジン)の可動範囲。首の回転は広いが横を向きすぎると上向き気味になる。肩の可動は広め。

  • マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 可動範囲
  • マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 可動範囲
  • 首は上方向が広め。

  • マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 可動範囲
  • マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 可動範囲

腰の前後可動も広めになっている。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 可動範囲

腰回転も広く動かせた。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 可動範囲

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー 可動範囲

開脚も素晴らしく、接地性も問題ない。

マーベルレジェンド ウルヴァリン(オリジン)のアクション!

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

ということで、マーベルレジェンド ウルヴァリン(オリジン)のアクションをしていこう!

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

今回は『X-MEN:ZERO』でのアダマンチウムを埋め込まれる前のウルヴァリンといことで、名前に「オリジン」とついているのでしょう。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

スッーーーと爪を出すウルヴァリン。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

今回の爪は骨格が変形したものを再現しているため、イエローがかっており、凸凹な表面を再現している。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

意外とこの爪での活躍も記憶にある。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

激しいアクションが良く似合うウルヴァリン。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

可動自体は優秀なので、非常によくポージング決まる。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

ドッグタグが動くおかげで、躍動感のあるポーズも決めやすい。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

顔は思いのほかヒュー・ジャックマン。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

右手のクローが中心に寄ってしまっているのが残念。軟質なのでお湯で温めて直しますか。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

咆哮ポーズ。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

男は背中で語るもん。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

映画の内容はさておき、ウルヴァリン自体はカッコいいのよ。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

口が縫われたデッドプールも欲しくなる。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

ちなみに『ウルヴァリン:SAMURAI』でもこの骨格の爪を使用していた。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

アダマンチウムの爪に変更。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

どっちも再現できるのは嬉しい。ドッグタグを外せばSAMURAI版っぽくすることもできる。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

刀とかも持たせることができたら嬉しい。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

ちなみに別のウルヴァリンのヘッドが使えるかどうか試したところ、意外といけた。ただ穴の大きさがヘッドの方が大きいので、ぴったりとはまっているわけではない。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

手首パーツに関しては軸が共通しているので、ほかのウルヴァリンについたクローの出ていない手首パーツも使うことができる。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

今回の分をSAMURAI版とすれば、ウルヴァリン三部作をそろえることができる。

マーベルレジェンド ウルヴァリン オリジン レビュー アクション

ということで、以上マーベルレジェンド ウルヴァリン(オリジン)のレビューでした。

正直あまり期待値は高くなかったアイテムだったが、意外と動かしやすくて、ポージングが良く決まる点と、髪型が個人的に好みだったのでとても楽しむことができた。シンプルなスタイルなので気軽に遊べるのが好ポイント。
付属品は最低限で、クローを出していない手首パーツはついていないが、骨格の爪の手首がつくのは今回のウルヴァリンのみなので、これは嬉しいかも。加えてほかのウルヴァリンを持っていれば組み合わせて遊ぶこともできるので、僕の場合はそのあたりの不満を補完できたかなと思っています。
今のところ実写版のマーベルレジェンドのウルヴァリンはこの3体のみだが、個人的にはコスチュームを着たウルヴァリンも欲しいところ。果たしてどこまで展開されていくのか楽しみだ。

ゆとぴ

関連記事を読む

コメントをする