マーベル、新ドラマシリーズに『ワンダーマン』製作の情報 ー 『シャン・チー』監督が指揮

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

マーベル・スタジオは常に映画やドラマ、アニメシリーズの製作を行っているが、次なる新作の企画についても常に会議が開かれてどのキャラクターを主人公にしようかと練っているが、有力メディアのハリウッド・レポーターからの情報によると、マーベルは現在Disney+ (ディズニープラス)の新たなドラマシリーズとして『ワンダーマン』の製作をしていると伝えられている。

メガホンをとるのは『シャン・チー/テン・リングスの伝説』デスティン・ダニエル・クレットン監督で、脚本にはアンドリュー・ゲスト氏が担当するとのことだ。クレットン監督はこの他にもマーベル・スタジオと複数のマーベル作品を含む契約を結んでおり、おそらくそのひとつが今回の『ワンダーマン』なのではないかと思われる。

コミックでのワンダーマンはアベンジャーズのメンバーとして登場するヒーローで、いわゆるベタな超人的な怪力などを持つキャラクターだ。
アベンジャーズのメンバーのなかでも古参のひとりであるため歴史も深いキャラクターとなっている。

キャスティングについてはまだ明らかにされておらず、具体的な配信時期についてもわかってはいない。

マーベル・スタジオは他にも複数のDisney+ (ディズニープラス)のマーベルドラマの配信を控えているため、おそらくは2023年以降の配信になるのではないかと予想される。

今後『ワンダーマン』に関する新たな情報が入り次第お知らせをしていく。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。