マーク・ラファロ、『アベンジャーズ』出演に躊躇した過去 - RDJに説得されていた

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

つい先日、MCUの最初のアッセンブル映画『アベンジャーズ』が公開から8年を迎え、世界中のファンがその記念の日を祝った。

『アベンジャーズ』ではそれまで公開されてきた単独映画のヒーローたちやブラックウィドウ、ホークアイなど6人のアベンジャーズが集結する映画だったが、ハルクのみエドワード・ノートンからマーク・ラファロに俳優が交代されるという出来事があった。

結果的にはこの交代は上手くいったといえるだろうが、マーク・ラファロ自身は当初出演に対して躊躇していたことを明かした。

RDJが本物のアイアンマンのように説得

ブルース・バナー/ハルク役のマーク・ラファロはアメリカのテレビ番組「ザ・トゥナイト・ショー」にリモート出演をし、『アベンジャーズ』出演へのオファー時の心境についてコメントした。

怖かったです。前に上手くいっていたものに対して、私が何を加えることができるかわかりませんでした。それまではインディーズ映画ばかりしか出演していませんでしたし。』

マーク・ラファロより以前にハルクを演じたのは2003年『ハルク』のエリック・バナと、同じMCU作品である『インクレティブルハルク』のエドワード・ノートンだろう。
特にマーク・ラファロはエドワード・ノートンから変わってハルク役をバトンタッチされることになるのだから、「怖かった」というコメントは当時のプレッシャーを推しはかることができる。

しかし弱気だったマーク・ラファロに対して監督のジョス・ウェドン氏は『ふさわしい人物だ』と評していた。またトニー・スターク役アイアンマン役のロバート・ダウニーJr.もマーク・ラファロに電話をして説得をしたという。

『ダウニーから電話を受けて、彼は単に「ラファロ、行こう。我々は手に入れることができたのだ。」本当のアイアンマン風に言った。「やらなきゃいけないんだろう」と思ったよ。』

ジョス・ウェドン監督やRDJの言う通り、マーク・ラファロは今や過去の2人の俳優を超えると評価されるほど、ブルース・バナーとハルクを演じきってくれた。『アベンジャーズ/エンドゲーム』では新たな姿スマート・ハルクも披露し、今後数年間はマーク・ラファロほどにハルクが似合う俳優は現れないでしょう。

『エンドゲーム』後に再びマーク・ラファロが出演する作品は明らかになっていないが、噂によるとディズニー+ドラマ『シー・ハルク』への出演がささやかれている。コミックではハルクと非常に関係の深いキャラクターなだけに、ドラマでもその存在は欠かすことはできないだろう。

今後も新たな情報が入り次第お知らせいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です