アーロン・テイラー=ジョンソン、『クレイヴン・ザ・ハンター』で主演へ ー 23年1月13日公開

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

かねてから製作の噂のあったスパイダーマンのスピンオフ映画でヴィランを主人公とした映画『クレイヴン・ザ・ハンター』に大きな動きがあった。
今作で主人公を演じる俳優にアーロン・テイラー=ジョンソンが決定したことが分かった。

Aaron Taylor-Johnson to Play Kraven the Hunter in Solo Marvel Movie

監督にはJ・C・チャンダー氏が決定しており、公開日は2023年1月23日と公式に発表された。

ご存知の通りアーロン・テイラー=ジョンソンはMCUシリーズの『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』にてピエトロ・マキシモフ/クイックシルバーを演じたことがあり、マーベル作品にヴィランとして再び戻ってくることとなった。

今作がMCUシリーズや『ヴェノム』や『モービウス』などのその他のソニー・ピクチャーズ製のマーベル映画とどのような繋がりを持っているかはわからない。しかしソニーとしてはスパイダーマンユニバースの拡張に積極的であることがかねてからうかがえるため、今作も何かしらの連続性を持った作品になるのではないかと予想されている。

クレイヴン・ザ・ハンターこと本名セルゲイ・クラビノフは世界的にも有名な凄腕ハンターであり、唯一スパイダーマンのみハントすることができずに、彼を執拗に狙うようになるヴィランとしてコミックで活躍している。
映画では彼のオリジンストーリーが描かれていくと推測されるが、コミックのようなキャラクターを描くならばスパイダーマンの存在は外すことはできないだろう。

またスパイダーマンぼヴィランで結成されているチームである「シニスター・シックス」にも注目していきたい。すでにMCUを含めてドクター・オクトパス、ミステリオ、エレクトロ、ヴァルチャー、そして今回のクレイヴン・ザ・ハンターと生死を無視すると5人そろってきている。残すところはサンドマンのみとなっており、今後実写作品にて最強のヴィランチームが登場してくる可能性は十分にあり得るだろう。

果たして『クレイヴン・ザ・ハンター』はどのような映画になっていくのだろうか?今作は2023年1月23日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする