『クレイヴン・ザ・ハンター』の監督にJ・C・チャンダーが就任か? - スパイダーマンを狙うハンター

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ソニー・ピクチャーズはマーベル、主にスパイダーマンに関連するキャラクターを使って独自のユニバースの構築を目指している。
すでに2021年には続編作品『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』『モービウス』の公開を控えている。

先日には『スパイダーウーマン』の監督にオリヴィア・ワイルドが就任するとも報じられていたが、またさらに新作に関する情報が報じられている。

スパイダーマンのライバルのスピンオフ映画?

海外メディアのDeadlineはソニー・ピクチャーズが新たに『クレイヴン・ザ・ハンター』の監督して、『トリプル・フロンティア』J・C・チャンダーを指名したと報じている。

Marvel’s ‘Kraven The Hunter’ Movie At Sony Eyes ‘Triple Frontier’s J.C. Chandor As Director

ソニー・ピクチャーズ自身はコメントをしていないが、以前から製作の噂がある作品なだけに注目度は高いだろう。

クレイヴン・ザ・ハンターことセルゲイ・クラヴィノフはロシアで活動する狩猟で、天才的な狩りの技術を持ったスーパーヴィランである。
彼は異母兄弟のカメレオンを助けるためにスパイダーマンを狩ろうとするが、返り討ちに遭う。それ以降スパイダーマンをしつこく狙うハンターとなった。

そんなクレイヴン・ザ・ハンターを主人公にした映画ということで、『ヴェノム』や『モービウス』のようなアンチヒーローに近い作風になることは確実。ソニー・ピクチャーズが目指す世界観ともマッチしているといえるだろう。

実際にスパイダーマンとの対決が実現するかはわからないが、昨今のソニー・ピクチャーズとマーベル・スタジオの動きを見る限り、現実味はあるように思える。

ヴェノムに次いでスパイダーマンのライバルキャラが増えることは、一気にスパイダーマンの世界観を魅力的にするファクターともなるでしょう。果たして実際に『クレイヴン・ザ・ハンター』は製作されるのだろうか?今後の情報に注目しておこう。

ゆとぴのひとこと

クレイヴン・ザ・ハンター、スパイダーウーマン、ヴェノム、モービウスと本当にソニー・ピクチャーズは本気でマーベルキャラの映画を展開する気がはっきりわかりますね。
@frc_watashi_ame

関連記事を読む

コメントをする