強化フォーム「仮面ライダーゲイツリバイブ」爆誕!剛烈・疾風2タイプの姿にチェンジ!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

早くも折り返しまで来た平成ライダー20作『仮面ライダージオウ』。ジオウはディケイドアーマーやジオウⅡなどパワーアップフォームが登場していましたが、ついにゲイツの強化フォームも爆誕!!

アナザージオウが出現したことで、過去のアナザーライダーの契約者が襲われた第25話。常盤ソウゴの過去が暴かれていくストーリーですが、そんな中でゲイツも新たな覚悟を決める!

ゲイツは第24話のラストで白ウォズから受け取った特殊な形をしたブランクのライドウォッチが、ゲイツリバイブライドウォッチに変化!ゲイツは仮面ライダーゲイツリバイブへと強化変身!


ゲイツリバイブはパワータイプでオレンジカラーの剛烈と、スピードタイプでブルーカラーの疾風の2タイプの形態が存在し、状況に合わせてその戦闘スタイルも大きく変化します!
アーマーの変形機構としては、仮面ライダー電王のアックスフォームとロッドフォームに近しいものを感じますねw

専用武器はジカンジャックロー!のこモードは剛烈が、クローモードは疾風が使用します。

このゲイツリバイブこそ、白ウォズが言っていたオーマジオウを倒した救世主なのでしょうか?
予告編には白ウォズと思われる声でゲイツリバイブを救世主と呼ぶセリフも聞こえてきます。

第26話では、ツクヨミが2009年にタイムスリップ!バスジャックにあった幼きソウゴと、アナザージオウである飛龍のものとに現れる。
この2009年はまさかあの世界の破壊者とも関係があるのか?

ゲイツリバイブが初登場し、物語の転換を迎える『仮面ライダージオウ』第26話は3月10日に放送予定です!

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!