『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』、2021年3月に配信か - 第2弾予告の可能性も

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ザック・スナイダー監督が取り組んでいる再編集映画『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』
数多くのカットされたシーンと、キャストを集めての撮影を行った新規シーンによって生まれ変わる今作は、劇場公開ではなくHBO Maxでの配信を目指している。

そんな今作の配信時期について監督がほのめかしている。

劇場公開の噂も

ザック・スナイダー監督はSNSのVeroのアカウントにて、『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』が2021年3月に配信することを示唆している。

残り僅か3か月ほどと迫っているが、『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』の製作状況はある程度順調のようにも思える。
すでに新規シーンの撮影は始められており、おおむね5分程度のシーンが追加されるという。

そこにはポストクレジットシーンのみの登場だった、ジョー・マンガニエロ演じるデスストロークや本編には登場していなかったジャレッド・レト演じるジョーカーも現れる予定だ。

また別の情報によると今作の第2弾予告編も用意されているといわれている。

加えて今作は劇場公開に向けてMAPP(映画のレートを決める組織)の審査を受けているとザック・スナイダー監督自身が話していた。

監督の予想ではR指定作品になると考えているようで、暴言や過激なシーンも今回の『スナイダーカット』に含まれていることを示唆している。

果たして『ジャスティスリーグ:スナイダーカット』はいつ頃観れるようになるのだろうか?今作は全4話の4時間構成としてHBO Maxで配信予定。

関連記事を読む

コメントをする