『ホークアイ』のキングピン、アロハシャツの理由は? ー 当初は弱った状態での登場案も

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズのドラマ作品としてDisney+ (ディズニープラス)で配信された『ホークアイ』
今作は『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のマット・マードック/デアデビルの再登場と合わせて、ヴィンセント・ドノフリオ演じるキングピンが裏社会のボスとして登場していたことでも話題になっている。

一方でNetflixドラマの『デアデビル』の頃からはすこし凄みが減り、服装もアロハシャツにジャケットというカジュアルなものに変更されていた。
この理由についてコスチュームデザイナーのマイケル・クロウ氏が海外メディアのゴールドダービーのインタビューで明かしている。

『これはマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏とヴィンセント・ドノフリオからのアイディアです。彼らは間違いなくキングピンの権威性を少し下げいたいと思っていた。(サノスの)指パッチンの間に起きたローニンの活動や、私たちが知らない歴史に基づいています。デアデビルのように洗練されたものではありませんでした。』

再登場をしたキングピンはどうやら指パッチンで5年もの期間消滅していたことで、裏社会の組織をローニンに壊滅させられたり、その他の理由によって彼の権力が下がったことで、少しばかり凄みの減った雰囲気に変更されていたようだった。
公式にキングピンが消滅していたかについては言及されたことはなかったが、今回の演出がそれを暗に示しているとも言えるだろう。

これならばファンから批判のあった『デアデビル』からのキングピンの変更にも一定の納得はできるのではないかと思われる。

またクロウ氏はキングピンの当初の案も明かしておりさらに弱っている姿で描く予定だったことを話している。

『コミックでは酸素マスクをした虚弱な老人のキングピンがいました。それが元の脚本にもあったようなものです。』

酸素マスクをした状態で再登場したら、あまりの弱々しさに彼のファンのショックを受けていたことだろう。この点についてはアロハシャツに変更されて安心といったところだ。

ヴィンセント・ドノフリオ演じるキングピンについては『ホークアイ』のラストにてエコーの放った銃弾に撃たれたような描写があったが、生死についてははっきりしていない。
今後配信予定のドラマ『エコー』にはチャーリー・コックス演じるマット・マードックとともに登場するとも言われており、実質『デアデビル』シーズン4になるともウワサされている。

権力を失ったキングピンが再びその力を取り戻す日は来るのだろうか?
『ホークアイ』はDisney+ (ディズニープラス)で全話配信中だ。

『デアデビル』が見放題

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。