『ホークアイ』、あのキャラを演じた俳優が出演経緯を振り返る ー 「代表と直接電話した」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ホークアイ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズのスピンオフとしてDisney+ (ディズニープラス)で配信された『ホークアイ』
今作はクリント・バートン/ホークアイとケイト・ビショップを主人公としたドラマシリーズで、さらには聴覚障害を持ちながらも類稀なる身体能力を持つエコーや、『ブラックウィドウ』のエレーナが登場していた。

そんな今作で”あのキャラ”を演じた俳優が出演へのオファーがあった当時を海外メディアのComicbook.comのインタビューに答えてくれた。

※この記事には『ホークアイ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

約3年ぶりにキングピンに復帰

『ホークアイ』の第5話と第6話に登場したフィルソン・フィスク/キングピンを演じたヴィンセント・ドノフリオは、今年はじめにマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏から直接出演オファーがあったことを明らかにした。

今年はじめにアプローチされました。ケヴィンが私に電話を掛けてきて、もちろん私は「やりましょう」と言いました。彼は私の電話番号を欲しがっていたようなので、直接私に電話を掛けてきました。』

ヴィンセント・ドノフリオはご存知の通りNetflixドラマ『デアデビル』にて、メインヴィランであるキングピンを3シーズンに渡って演じてきた。
彼の出演はチャーリー・コックスのデアデビルとともに噂されており、今回の『ホークアイ』でそれが事実であることが確認された。

キングピンと関係の深いエコーの単独ドラマも決定しており、おそらくはそこでも彼の活躍を観ることができるだろう。

ちなみにヴィンセント・ドノフリオは今後の出演予定についても聞かれたが、「個人的な考えは答えられるが、マーベル・スタジオはなにも教えてくれないので、事実はなにも言うことはできません」と明言を避けた。

『デアデビル』というマーベルファンからも高い人気を誇るドラマが再び動き出したことで、たった一度きりの登場で終わることはありえないだろう。
果たしてキングピン、そしてデアデビルの二人がMCU作品で再び激突する姿を観ることができるのだろうか?

『ホークアイ』はDisney+ (ディズニープラス)で全話配信中だ。

関連記事を読む