DC映画『ゴッサムシティ・サイレンズ』は保留中 - 『バーズVSサイレンズ』も計画中か

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2020年のDC映画として最初に公開を予定しているマーゴット・ロビー主演の『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』。2016年の『スーサイド・スクワッド』以来4年ぶりのハーレイ・クインの映画として注目を集めています。

そんな『スーサイド・スクワッド』で監督をし、マーゴット・ロビーのハーレイ・クインの生みの親でもある監督のデヴィッド・エアー氏が、海外のイベントに登壇。そこで『ゴッサムシティ・サイレンズ』の映画の現状を共有しました。

ハーレイ・クイン3部作の構想も

『スーサイド・スクワッド』でメガホンをとったデヴィッド・エアー監督はイベントに登壇し、『ゴッサムシティ・サイレンズ』の現状について質問を受けました。

DC’s Gotham City Sirens Movie Is On Hold

『それ(ゴッサムシティ・サイレンズ)は一時保留中だと思います。』

デヴィッド・エアー監督は『スーサイド・スクワッド』公開後に、続編の製作も指揮する予定でありましたが、結局のところは『ゴッサムシティ・サイレンズ』の製作にサインをしたと伝えられています。

同じくマーゴット・ロビーのハーレイ・クインを主人公に製作直前まではいったものの、途中から『バーズ・オブ・プレイ』を原作とした『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』に舵がきられ、中止に追い込まれたのではないかとも言われていました。

ちなみにゴッサムシティ・サイレンズというチームはバーズ・オブ・プレイとは異なり、ハーレイ・クインに加えてキャットウーマンポイズンアイビーなどのゴッサムシティで活動するヴィランを中心としています。

以前の噂では『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』の後、『ゴッサムシティ・サイレンズ』が製作され、最後に『バーズVSサイレンズ』なる映画が製作されると伝えられていました。この3作品はハーレイ・クイン3部作とも呼ばれています。

『バーズVSサイレンズ』が製作されるとなれば、2つのチームに所属するハーレイの立ち位置も気になるポイントではあります。ただ原作コミックのバーズ・オブ・プレイではハーレイ・クインはメンバーではなく、主にヒロインヒーローをメインとしていため、あくまでヴィランであるハーレイはサイレンズに所属する可能性は高そうですね。

『ゴッサムシティ・サイレンズ』が具体的にいつごろ製作されるのかは依然として不透明ですが、ひょっとすると『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』の興行収入次第で今後どのような計画で進めていくかをワーナーブラザースが見極めているのかもしれません。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は2020年3月20日に日本公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です