アニメ『ゴジラ S.P<シンギュラポイント>』の最新予告編が公開!ジェットジャガーが出撃!

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

2021年に新たにアニメ作品として、テレビ放送とNetflixで独占配信が予定されている『ゴジラ S.P<シンギュラポイント>』の第2弾予告編がついに解禁された!

映像では主要キャラクターたちの声が聴けるシーンが多数あり、作品の雰囲気も伺える内容となっている。「古史羅」というゴジラのことを表しているとみられる文字も確認することができる。
2030年の近未来を舞台に、千葉県逃尾市というありそうで実在しない街で2人の若き天才が、近い未来に襲い掛かる「ゴジラ」を迎え撃つために奮闘するストーリーとなっている。

主人公は町工場オオキタファクトリーで働くエンジニアの有川ユン(石毛翔弥)と、空想生物を研究している大学院生の神野銘(宮本侑芽)。このほかにも魅力的案キャラクターが多数登場してくる注目にアニメ作品となっている。

EDにはポルカドットスティングライが歌う『青い』が起用されている。

また本作には『ゴジラVSメガロ』に登場したロボットのジェットジャガーが再登場!昭和から平成を飛び越えて、令和のゴジラ作品でついに復活を果たすこととなる。作品内での活躍も期待だ。

『ゴジラ S.P<シンギュラポイント>』はTOKYO MXなどで2021年4月より放送予定、Netflixでも全世界で独占配信を予定している。

関連記事を読む

コメントをする