『ゴーストバスターズ/アフターライフ』日本公開が22年2月4日に決定 ー 本国から3か月遅延

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

待望の最新作として公開が待ち望まれる映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』の日本公開日が、2022年2月4日になることが発表された。

米国では2021年11月11日に公開を予定しているため、日本は3か月ほどの遅延になることがわかった。
ソニー・ピクチャーズ作品は『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』を含めて今後もいくつかの作品の日本公開日が遅くなる可能性もあるため、土光には注目をしておこう。

今作は原因不明の地震が30年間続く田舎町に、突如ゴーストが出現。奴らは30年前に、あのゴーストバスターズによってニューヨークで封印されたはずだった。世界の終焉かのように、ゴーストが街中に溢れかえる。そんな中、少女フィービーは兄が祖父が遺した屋敷の納屋で発見したキャデラック<ECTO-1>に乗り込み、ゴースト達に立ち向かうのであった。

出演には『アントマン』で主演をしたポール・ラッドや、『ストレンジャー・シングス』のフィン・ウルフハード、マッケナ・グレイス、キャリー・クーン、ローガン・キム、セレステ・オコナーが出演する。

お馴染みの装備やビークル、ゴーストたちが活躍する『ゴーストバスターズ/アフターライフ』は2022年2月4日に公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする