『フラッシュ』、バリー・アレンの父を演じたビリー・クラダップは降板へ ー 『ジャスティスリーグ』には出演

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

現在製作を控えているDCコミックス映画『フラッシュ』。フラッシュことバリー・アレンを主人公に、彼の活躍や複数登場してくるバットマン、スーパーガールなどのキャラクターにも焦点を当てた意欲作となっている。

そんな今作にてバリーの重要キャラを演じる俳優が降板することが明らかになった。

理由はスケジュール

海外メディアの情報によると、『ジャスティスリーグ』バリー・アレンの父親のヘンリー・アレンを演じたビリー・クラダップが、『フラッシュ』には出演しないことが明らかになった。

The Flash Movie Will Recast Barry Allen’s Father After Billy Crudup Departure

理由には彼のスケジュールの都合だという。現在Apple TV+シリーズである『ザ・モーニングショー』新シーズンの撮影を控えているとのことで、後ろ向きな理由での降板ではないとのことだ。

『ジャスティスリーグ』ではヘンリー・アレンが登場したシーンはそこまで多くはないのだが、バリーにとっては最重要キャラクターといっても過言ではないため、リキャストされることは少なからず違和感を感じてしまうだろう。

『フラッシュ』にて彼を演じる俳優が誰になるかはまだわかっていないが、撮影も年内に開始されるといわれているため、近いうちにキャスティング情報も入ってくるとみられる。

今作にはほかにもベン・アフレックとマイケル・キートンが演じる2人のバットマンが登場し、DCEUシリーズでは初登場となるスーパーガールをサッシャ・カーレが演じることがわかっている。

今作はマルチバースものになるともいわれているため、今後公開予定のDC映画のなかでも大きな期待を寄せられている作品だ。

『フラッシュ』は2022年11月4日に米国公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする