『ファルコン&ウィンターソルジャー』脚本家、シャロン・カーターについてコメント ー 「今までどこにいたかがわかる」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

第1話が配信となったDisney+ (ディズニープラス)マーベルドラマ『ファルコン&ウィンターソルジャー』
今作はいままでキャプテンアメリカに関わりの深かったキャラクターが数多く登場し、より彼らについて掘り下げられていく予定だ。

そんな今作に『シビルウォー/キャプテンアメリカ』以来の再登場となるシャロン・カーターも現れることとなっているが、どうやらかつての彼女とは大きく異なっているようだ。

「彼女だけがとても違う」

『ファルコン&ウィンターソルジャー』の脚本家であるマルコム・スペルマン氏は海外メディアのTVlineにて、エミリー・ヴァンキャンプ演じるシャロン・カーターについてコメントをした。

Falcon and the Winter Soldier Boss: Sharon Carter Has ‘Evolved, Her Energy Is So Different’ in Disney+ Series

『彼女は反転している。ファンが「シビルウォー」を観ればシャロンがおそらく対処しなければならなかったことの空白を埋めることができます。シャロンに再び会った時、間違いなく進化し、成長しています。ファンは彼女のことを愛することができるだろうし、彼女のエネルギーだけが今までとはとても違うのです。』

20216年公開の『シビルウォー/キャプテンアメリカ』では、政府に仕える見ながらも、追われているスティーブ・ロジャース/キャプテンアメリカをひそかに支援していたシャロン。
スティーブとも恋仲になり、組織を裏切ることとなった彼女はそれ以降の作品には登場していなかった。そのためその空白期間を埋めるのが『ファルコン&ウィンターソルジャー』のもう一つの役割なのだ。

『彼女がすべての犠牲を払った後、私たちが彼女がいままでどこにいたのかを知ることができます。

いままで公開されている予告編やポスターのビジュアルからは、フードをかぶって何かから隠れるようなシャロン・カーターの姿が確認されていた。おそらくはかつての出来事によって政府により追われる身となっているのは確かだと思われる。

今作ではサムとバッキーとともに共闘するようなシーンもあったため、おそらくかつてのシャロン・カーターのよりも幾分かワイルドな彼女をみることができるだろう。

個人的にはスティーブとの恋仲の関係がどうなってしまったのかも気になるポイントだと思っている。

『ファルコン&ウィンターソルジャー』は毎週金曜日にDisney+ (ディズニープラス)で配信中だ。

関連記事を読む

コメントをする