『シャン・チー』イン・リー役ファラ・チャン、彼女がウェンウーに惹かれた理由を明かす ー 「トニー・レオンだったから」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

※この記事には『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCU最新作としてすでに話題になっている映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』。今作では主人公のシャン・チーの生い立ちも描かれた作品となっており、その父親ウェンウー役にはトニー・レオン、母親のイン・リー役にはファラ・チャンが演じている。

ファラ・チャンは海外のインタビューに対して、イン・リーがなぜウェンウーに惹かれたのかを明かしてくれた。

※この記事には『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

『彼はとてもカリスマ的』

海外メディアのインタビューに答えたファラ・チャンは、劇中では悪名高いテン・リングスのボスでもあるウェンウーに惹かれていった理由を話してくれた

Shang-Chi Actress Explains Why Evil Wenwu Attracted Mom Character (Exclusive)

彼はトニー・レオンが演じています。もしほかの俳優だったら監督と話して役の研究や想像力などの話をしなければならなかった。(中略)トニーに恋をしないのは不可能ですよね?彼はとてもカリスマ的で、魅力的です。彼が起こっているときでさえ、「ウー、あなたはとてもハンサムよ」ということができます。ですので(惹かれたのは)とても自然なことでした。』

トニー・レオンが演じたウェンウーだからこそ、そのカリスマ性に惹かれたと話してくれた。
悪の組織のボスとしても彼の存在感はいままでのヴィランのなかでも随一だっただろう。

言葉では言い表せない思いによって2人は惹かれ合っていったが、劇中でも戦闘を繰り広げながらも舞っているようなウェンウーとイン・リーのシーンはとても印象的だった。
千年以上生きているウェンウー自身も彼女にのめり込んでいったのも自然だったのだろう。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は2021年9月3日より劇場公開中だ。

関連記事を読む

コメントをする