『ドクターストレンジ』スコット・デリクソン監督、3作目での復帰にコメント ー 「またやりたい」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズとして2作目の公開が迫っている映画『ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』
今作でメガホンを取ったのは、かつて『スパイダーマン』三部作を制作したサム・ライミ監督だが、1作目はスコット・デリクソン監督が制作を担当していた。

2作目の制作開始直前に「創造上の違い」によってプロジェクトから離脱しているが、今回デリクソン監督は自身のツイッターにて3作目での復帰についてコメントをしてくれた。

『私はマーベルと一緒に仕事をするのが大好きで、絶対にまたやりたいと思っています。』

大人な対応と言われればそれまでだが、マーベルに対してはネガティブな印象はなく、3作目に関しても戻ってくる可能性を残してくれている

スコット・デリクソン監督はMCUシリーズにおけるドクターストレンジのイメージ像を作り上げた立役者で、1作目のあとには『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』などでストレンジ出演シーンにも協力していたことがわかっており、やはり彼なしではいまのストレンジの人気は有りえなかっただろう。

現状ではそもそも『ドクターストレンジ3』の制作自体公式には明らかにされていないが、MCUシリーズの慣例に沿えばほぼ確実に作られることが予想される。その場合スコット・デリクソン監督が戻ってくるのか、サム・ライミ監督が続投するのかは注目しておきたいところだ。

今は先ず2022年5月4日に日本公開が迫っている『ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』を待つこととしよう。

関連記事を読む