『ドクターストレンジMoM』アース838は”監視社会”だった? ー 脚本家が明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

イルミナティを殺したスカーレット・ウィッチはヒーローだったかも?
そんな信じがたいことがあり得るかもしれない裏話が明らかにされた。

MCUシリーズ映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』ではタイトル通りにマルチバースが複数登場し、そのなかで物語の舞台の一つになったのがアース838だ。

この世界ではイルミナティと呼ばれるヒーローたちによる秘密結社が存在しており、マルチバースを超えてきたドクターストレンジを危険な存在として断罪しようとしていた。
しかしドリームウォークをしてきたスカーレット・ウィッチによってモルドを残して全てが殺害されたことは記憶に新しいだろう。

そんなアース838だが、脚本家のマイケル・ウォルドロン氏によると、実は市民が監視されている「警察国家」であったことを明らかにした

アース838の秘密はこの世界が少し警察国家のようなものだということですね。そして映画で見た通り全員が均一の服装をしていました。これはジョージ・オーウェルの小説みたいなものですね』

ジョージ・オーウェルの小説とは超監視社会を描いたディストピア小説の『1984年』を指している。
映画化もされたこの作品は、近未来の監視社会とその恐怖を描いたSF小説で、欧米などからも高い評価を受ける、冷戦下で大ヒットした名作小説だ。

アース838はこの『1984年』からインスピレーションを受けていることをウォルドロン氏が明かしており、彼の言う通りこの世界の市民は皆が似たような服装をして道を歩いていた。

どうやらこの世界ではサノスの脅威によって、ヒーローたちが市民に対して次の脅威が生まれないようにと人々を監視をするようになっているとのこと。
守るはずの人々を逆に締め付けてしまっているという、なんとも救いようのない世界になっているのだ。

警備ロボットとして登場したウルトロンも、市民を監視するために世界中に配置されているのかもしれないと考えると、アース838が非常に恐ろしい監視社会であることは容易に想像つくだろう。

おそらくその監視社会の中枢にいるのがイルミナティで、スカーレット・ウィッチがドリームウォークしたワンダ・マキシモフが彼らをほぼ全滅状態に追いやったことは、アース838では真のヒーローとしての扱いを受けるのではないかと推測されているのだ。

今後映像作品でアース838が登場する可能性は低そうだが、今回の話は改めてスカーレット・ウィッチやイルミナティに対する印象を大きく変えるきっかけになった裏話だった。

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』はDisney+ (ディズニープラス)で配信中だ。

『ドクターストレンジ』配信中!

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

  1. ゆとぴ より:

    テスト

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。