『ドクター・ストレンジ/MoM』カットされたもう一人のイルミナティのデザインが判明? ー ソーのもう一人の兄弟

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズ『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』では、別世界のアース838を舞台にした一幕があり、そこではヒーローたちの秘密結社であるイルミナティが登場していた。

メンバーにはモルド、キャプテン・カーター、ブラックボルト、キャプテン・マーベル(マリア・ランボー)、ミスター・ファンタスティック、そしてプロフェッサーXが所属していた。しかし実はそこに登場することができなかったキャラクターがいたことをご存知だろうか?

それがソーとロキのもう一人の兄弟であるバルダー・ザ・ブレイブだ。
撮影自体は行われていないようだが、今作のコスチュームデザイナーは撮影で実際に使用しようとした衣装のスケッチ画をインスタグラムで共有してくれた。

画像は三枚投稿されており、1枚目には鉛筆がによって描かれたバルダー・ザ・ブレイブのデザイン、2枚目と3枚目は足元に描かれたカラスの写真が共有されている。

これはコミックにおけるバルダー・ザ・ブレイブの姿に近いものとなっており、おそらくほぼ確定で彼の姿を描いたものだと思われる。また足元のカラスについてもオーディンが従えているカラスのうちに一匹だとされているため、彼がソーやロキ、オーディンと関係のあるキャラクターであることも示唆されている。

衣装が実際に制作されたかは不明ではあるが、このバルダー・ザ・ブレイブ演じるとされていたのが『007』シリーズでジェームズ・ボンドを演じたダニエル・クレイグだと言われている。
もしこれが実現していたのならば映画ファンにとってもサプライズなキャスティングになっていたことは間違いないはずだ。

ちなみに実際に映画では誰も座ることのなかった椅子がブラックボルトの左側にもうひとつあり、そこについてはいまだに謎のままとなっている。一部ではすでに死亡しているアース838のドクター・ストレンジのためのものだとも推測されているが、イルミナティのシーンもかなりギリギリまで調整が行われていたようで、ダニエル・クレイグのバルダー・ザ・ブレイブも直前までは登場させる想定だったのかもしれない。

今後のMCUシリーズでバルダー・ザ・ブレイブが登場することはあるのだろうか?『マイティ・ソー』シリーズが続いていくのならばそれも期待できそうだ。

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』はDisney+ (ディズニープラス)で配信中だ。

『ドクターストレンジ』配信中!

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。