新作DCコミックス映画『アワーマン』が製作決定! ー 1時間だけ超パワーを使えるヒーロー

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

DCコミックスとワーナー・ブラザースが新たな新作映画として『アワーマン』の製作を行うことを海外メディアが報じている。

JSAのメンバーとしても活躍

複数の海外メディアは、現在ワーナーとDCがリスト化している実写作品かのリストに『アワーマン』が追加されていることを報告。

Hourman Film in the Works From DC and Warner Bros.

今作は『猿の惑星/創世記』などを手掛けたチャーニン・エンターテインメントが製作することとなっており、脚本にはギャビン・ゲームズとニール・ワイドナー氏の2名が執筆すると伝えられている。

コミックのアワーマンは科学者で本名をレックス・タイラーといい、合成化学物質の「ミラクロ」によって1時間だけ超パワーを使って戦うことのできるヒーローとして描かれてきた。
その後は2代目やアンドロイドなどがアワーマンを歴任してきているが、映画でどのキャラクターに焦点があてられるかはわかっていない。ちなみに数年前にもアローバースの1つとして実写ドラマ化の計画があったが、惜しくも実現には至っていない。

またDCコミックスのヒーローチームであるジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ(JSA)のメンバーとしても活躍しており、映画『ブラックアダム』にもアワーマンが登場するのではいないかといわれていた。

今のところ『アワーマン』の具体的な公開日やキャスティングなどは明らかにされていない。そしてどのシリーズに所属、または独立した世界観なのかもわかってはいない。

今後詳細な情報が明らかにされ次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする