ネトフリ『デアデビル』『ジェシカ』『パニッシャー』、キングピンがMCUへ参戦計画の噂 ー 一方でリブートも検討か

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズと世界観を共有する形で展開されていた、Netflixドラマの『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』『パニッシャー』
すでにこれらのシリーズはファンからの惜しむ声も多い中で製作終了しており、それから2年が経過したことで彼らの権利がディズニー社に戻ってきたことが報じられている。

海外メディアからの情報によると、この人気キャラクターを使って今後MCUシリーズに本格参戦させるのではないかと報じられている。

キングピンは『エコー』に登場?

海外メディアのハッシュタグショーは、マーベル・スタジオがデアデビル役のチャーリー・コックス、ジェシカ・ジョーンズ役のクリステン・リッター、パニッシャー役のジョン・バーンサル、そしてヴィランであるキングピン役のヴィンセント・ドノフリオが、新たなMCU作品への出演させる方向だと伝えている。

EXCLUSIVE: MARVEL BRINGING BACK SOME NETFLIX CHARACTERS TO MCU

Netflixのドラマシリーズではそれぞれ非常にはまり役としてファンからの人気も高いキャラクターたちがついに復活することに嬉しい声もある反面、少し気になることも伝えられている。

どうやら今後彼らを復活させる際、Netflixドラマでのストーリーは無かったことにされ、実質リブートされる可能性があるとのことだ。
同じ俳優が同じキャラクターを演じるが、かつてのドラマとは別の存在ということになるかもしれない。

Netflixドラマの方では特に映画とのクロスオーバーが行われたわけではないため、辻褄は合わせやすいと思われるが、ドラマを楽しんでいたファンとしては非常に残念なニュースではあるだろう。

このほか、チャーリー・コックスのデアデビルは『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にカメオ出演し、ヴィンセント・ドノフリオのキングピンは『ホークアイ』のスピンオフドラマ『エコー』に登場してくると伝えられている。

かねてから希望の多かったネトフリマーベルヒーローたちの復活だが、果たしてどのような形で再登場するのか今後の情報には注目をしていきたいところだ。
ちなみに『ルーク・ケイジ』や『アイアンフィスト』については今のところ復活するといった情報は伝えられていない。

関連記事を読む

コメントをする