デアデビル役俳優、『スパイダーマン3』の出演の噂を否定 - 『本当なら別の俳優かも』

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベル・スタジオは新体制の組織が変わったことによって、今後は映画だけではなくドラマの製作にも拡大していく方針だ。すでにDisney+ (ディズニープラス)では『ファルコン&ウィンターソルジャー』『ワンダヴィジョン』『ロキ』『ホークアイ』『シー・ハルク』『ムーンナイト』『Ms.マーベル』の7作品を配信予定となっている。

そしてそれと同時に今までマーベル・テレビジョンが手掛けてきたドラマシリーズは軒並み製作終了のアナウンスをしている。人気のあったNetflixでのマーベルドラマも同様だ。

そんな中でもNetflixマーベルヒーローのリターンを望む声は多く、実際にMCU『スパイダーマン3』には『デアデビル』主演のチャーリー・コックスが同役で出演するといった噂があった。

この噂に対してチャーリー・コックス自身が初めてコメントをした。

『その噂は聞いたことがありません』

『デアデビル』で主演を果たしてチャーリー・コックスは、海外メディアのComicbook.comのインタビューに対して、MCU版『スパイダーマン3』への出演の噂を否定した。

Spider-Man 3 News: Daredevil Won’t Appear in the Marvel Movie, Says Charlie Cox

『私はそれらの噂に関しては聞いたことがありませんでしたが、本当ならば私のデアデビルではないでしょう。なぜなら私は製作に関与していないからです。事実ならば別の俳優になるでしょう』

チャーリー・コックスはこのようにこの噂については聞いたことがなく、また事実だとしたら彼自身に出演オファーが来ていないため、別の俳優によるデアデビルになるだろうと推測している。

もちろん秘密主義のマーベル・スタジオのことなので、本当であったとしても言うことはできないだろう。またNetflixとの契約の関係もあり、公に言うことは命取りになる可能性もあるのだ。

少なくとも映画の撮影は年内に予定されているため、早い段階で答えがわかるかもしれない。

マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏は以前の情報によると、チャーリー・コックスをはじめ、『ジェシカ・ジョーンズ』のクリステン・リッターや『パニッシャー』のジョン・バーンサルの演技に一定の評価を示しているようで、今後の作品で再び同役で起用される可能性が高いと予想されていた。

果たして支持の多いNetflixマーベルヒーローたちの処遇はどうなっていくのか?今後新しい情報が入り次第お知らせしていきます。

MCU版『スパイダーマン3』は2021年11月25日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする