『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー』にシー・ハルクが登場か? ー ドラマのあの組織も関係とも

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー』『シー・ハルク:ザ・アトーニー』のネタバレが含まれている可能性があります。ご注意ください。

アンソニー・マッキー演じるサム・ウィルソン/キャプテン・アメリカを主人公とした映画『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー』
先日には今作に登場するキャラクターをはじめ、ヴィランは『インクレディブル・ハルク』にも登場したサミュエル・スターンズがリーダーとして復活することも明らかになっている。

そんな今作に対して新たにシー・ハルクが登場することが海外のスクーパーより伝えられている。

どうやら今回の映画では『シー・ハルク』にも登場した謎の組織である「インテリジェンシア」が関わってくるとウワサされているのだ。

そのために『シー・ハルク:ザ・アトーニー』ではラストでインテリジェンシアの人間としてリーダーが登場して、ジェニファー・ウォルターズの血を採取するシーンがあるとのこと。その血を使うことでインテリジェンシアは新たなハルクを作り出すのが目的になっている模様だ。

ドラマでも”ハルクキング”という謎のワードも出ていたことから、マーベル・スタジオが密かにハルクに関するイベントを用意していることは明らかだろう。

マーク・ラファロ演じるブルース・バナー/ハルクが登場するかはわかっていないが、ドラマでは何らかの理由でサカールの船に乗って宇宙に旅立っていった。この伏線もどこで回収されていくのかも注目だ。

『ワールド・ウォー・ハルク』の制作のウワサもあるなど、今後ハルクファンには嬉しい展開が続いていく可能性も高そうだ。

『シー・ハルク:ザ・アトーニー』はDisney+ (ディズニープラス)で配信中、『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー』は 2024年5月3日に全米公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。