『キャプテン・アメリカ4』にリーダー登場 ー 『インクレディブル・ハルク』の伏線回収か

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの単独映画として4作目、新キャプテン・アメリカが主人公の映画としては最初の単独映画となる『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー』。今作に登場するキャラクターとして新たにヴィランであるリーダーが登場することがD23Expoのイベントで明らかになった。

リーダーを演じるのはティム・ブレイク・ネルソンで、『インクレディブル・ハルク』と同じキャスティングになることがわかった。
かつての作品では人間の姿であるサミュエル・スターンズとして登場しており、最後は頭が肥大化するシーンで終わっていたが、その後の消息は不明だった。
それが2024年の今作の公開によってようやく伏線回収になることとなった。

リーダーはガンマ線を浴びたことで脳が肥大化、超人的な知能を得たというヴィランとしてコミックに登場している。おそらく映画でも同様の設定で登場することが考えられるが、映画の中で彼のビジュアルがどのような姿になるのかも注目だろう。

『インクレディブル・ハルク』からはDisney+ (ディズニープラス)で配信中の『シー・ハルク:ザ・アトーニー』にてエミル・ブロンスキー/アボミネーションが10年以上ぶりの再登場を果たしており、MCUシリーズ初期のキャラクターたちが改めて掘り下げられていくことにも期待したいところだ。

『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー』はサム・ウィルソン/3代目キャプテン・アメリカを主人公に、2024年5月3日に全米公開予定

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

  1. ヨピ丸 より:

    アボミネーションだけならシャンチーにも出てたはずです、!

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。