『キャプテン・アメリカ4』、『ブレイド』とのクロスオーバーが予定されていた? ー 制作延期により白紙に

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの単独映画としては4作目、新しいキャプテン・アメリカであるサム・ウィルソンとしては初の単独映画となる『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー』
最近ではハリソン・フォードがサンダーボルト・ロス役として今作に出演することが明らかになっており、映画への期待度がより高くなってきているのが現状だ。

そんな今作、以前にマハーシャラ・アリ主演の『ブレイド』とのクロスオーバーが予定されていたことが海外メディアの情報から伝えられている。
どういったクロスオーバーが予定されていたのかは謎ではあるが、結果的には『ブレイド』の制作延期が影響して実現することはないとのことだ。

あまり関係の無さそうな2つの作品ではあるが、だからこそクロスオーバーの醍醐味が出てきていただろう。どの程度物語に関与していたのかも気になるところだ。

『ブレイド』は先日監督が降板したことと、脚本もゼロから書き直されることから制作が一時保留になっていることが伝えられていた。そのため公開日についても延期が伝えられ、少し足踏み状態となっている。
ウワサではブレイドの娘の登場などもあるが、先述した通り脚本が書き直されているため、内容はまだ不明瞭だ。

『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー』にはウワサとしてハルク役のマーク・ラファロやシー・ハルク役のタチアナ・マスラニーの出演すると言われている。メインヴィランのリーダーが元々ハルクのヴィランであり、『インクレディブル・ハルク』にも登場していたことからそのつながりが描かれるといわれているのだ。

果たして『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー』ではどのような新しい世界秩序が作られていくのだろうか?映画は2024年5月3日に全米公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。