ブリー・ラーソン、キャプテンマーベル役を断っていた - 『私には有り余る役だと感じた』

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUとして初の女性ヒーローを主人公にして大ヒットを記録した『キャプテンマーベル』
その後も『アベンジャーズ/エンドゲーム』に再登場し、すでに続編も決まった人気キャラクターとなっている。

そんなキャプテンマーベルを演じるのが若手女優のブリー・ラーソン。まさにはまり役ともいえる活躍を見せてくれたが、実は同役のオファー時には消極的だったことを明らかにした。

『不安が強すぎた』

キャプテンマーベルを演じるブリー・ラーソンは自身のYoutubeチャンネルの動画にて、自身がマーベル・スタジオからの出演オファーを受けた当時のことを語ってくれた。

『「キングコング/髑髏島の巨神」を撮影しているときに電話を受けたことを覚えています。そして私のスタッフが電話してきて、「マーベル・スタジオがキャプテンマーベルを演じてもらうことに興味がある」と言ってきました。それを聞いて「あぁ、出演はできない、不安が強すぎます。それは私にはとても有り余るもので、処理することができない」と思いました。』

2015年に『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を獲得した女優でさえも、マーベル・スタジオのオファーには当初消極的で自信がなかったことを明かしていた。

しかしその後直接マーベル・スタジオと面会した彼女は前向きに考え始めるようになったという。

『彼らが成し遂げようとしていたこと、彼らが話していたことにとても感動し、とても進歩的だと感じました。』

ブリー・ラーソンは幼いころから演技のキャリアを積み上げており、その実力は確かなものである。それでもキャプテンマーベルという役に大きなプレッシャーを感じていたことは確かなようだ。

しかしそんな不安を一蹴するように、キャプテンマーベルをコミックのイメージに近い形で、力強い女性ヒーローを好演してくれた。
まさにマーベル・スタジオの見立ても間違っていなかったといえるでしょう。

彼女は今後続編作品『キャプテンマーベル2』で再び主演と務める予定だ。

関連記事を読む

コメントをする