『ブラックアダム』監督、今後のクロスオーバーについてコメント - 『非常にエキサイティング』

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

先日のDCFanDomeのイベント中にティザー動画が公開されてファンの期待感を上昇させた『ブラックアダム』
ドウェイン・ジョンソンが主演でDCコミックスのアンチヒーローの活躍を描く本作は、DCEUシリーズと同じ世界観に位置し、特にライバル関係にあるシャザムとは深い繋がりがあると考えられている。

そんな『ブラックアダム』について、今後のクロスオーバーの予定を監督がコメントしてくれた。

複数の話し合いが進行中

『ブラックアダム』でメガホンをとるハイラム・ガーシア監督は海外メディアのインタビューに対して、今作のクロスオーバーの可能性について語ってくれた。

Black Adam Producer Addresses DC Universe Ties, Shazam Crossovers

『すべてがどのように展開されていくのかについて、複数の進行中の会話があり、映画製作者としての自分にとっては非常にエキサイティングですが、ファンにとってはそれ以上に刺激的なものです。』

詳しいことは明らかにされていないが、やはり今後の展開をすでに話し合いながら映画の製作を進めていることを明かしてくれた。
ファンにとってはより刺激的というのは一体どのようなものだろうか?

以前には『シャザム!』の続編公開後に『シャザムVSブラックアダム』の計画もあると関係者からコメントされていたが、もしかするとそれ以上のクロスオーバーが用意されているのかもしれない。

ハイラム・ガーシア監督は具体的に述べることはできないとしつつも、クロスオーバーの野心は持っていると話している。

『残念ながら、あまり話すことはできません。私はブラックアダムとジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカの世界の構築に集中しています。シャザムは他の多くのヒーローが存在する宇宙に存在しているといえ、これらのすべてのキャラクターと私たちが提供してストーリーに大きな野心があれば、可能性はあるでしょう。』

シャザムとの激突は誰しもが予想の範囲内だろう。おそらくスーパーマンもだ予想ができる。
それ以外にブラックアダムが激突することになるヒーローは存在するのだろうか?斜め上な予想をするとスーサイド・スクワッドとの対決なんかも見てみたいですね。

『ブラックアダム』は2021年12月22日に全米公開を予定している。

関連記事を読む

コメントをする