ブラック・アダム、なぜ『シャザム!』に登場しなかったか? - VS作品の可能性も

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

DCEUシリーズの新作として間もなく公開を控えてるザッカリー・リーヴァイ主演の『シャザム!』
少年ビリー・バットソンが呪文を唱えて変身するヒーローであるシャザムには、有名なヴィランが存在しています。それがブラックアダム

ブラックアダムは実写でドウェイン・ジョンソンが演じる予定ですが、今のところその出演の予定はありません。一時期は『シャザム!』にヴィランとして登場するといわれていましたが、なぜここまでブラックアダムが登場しないのでしょうか?

『シャザムVSブラックアダム』が製作されるか?

DCEUシリーズ新作の『シャザム!』は当初、ブラックアダムとの対決が用意されていたといいます。しかし実際にはドクター・シヴァナがヴィランとして登場しています。その理由としてデヴィッド・F・サンドバーグ監督が明かしています。

The Real Reason Black Adam Was Cut From 'Shazam!'

『私が参加する前の早い段階で、彼らは「シャザムVSブラックアダム」の映画を制作する可能性を探っていましたが、結果として最初はシャザムに集中して彼にふさわしいストーリーを与えるほうが良いということになりました。ブラックアダムもは登場する必要はない。』

主演のザッカリー・リヴァイも脚本を受け取ったときではブラックアダムが登場していなかったことを明かしており、今作は完全にシャザムというヒーローの誕生をしっかり描くための作品となりました。

ワーナーブラザースも『ワンダーウーマン』や『アクアマン』の成功から、世界観を共有しつつも個々のヒーローを深堀する作品製作をしていく方針を打ち出しており、『シャザム!』もこの方針に従ったと思われます。

逆にブラックアダムもドウェイン・ジョンソン主演の単独映画の製作が噂されており、その映画が公開された後に『シャザムVSブラックアダム』が製作されるのかもしれません。

今のところシャザム単体の世界観がどこまで広がっていくのかは1作目の成績次第でしょう。勢いづくDCEUシリーズにとってさらなる起爆剤となるのでしょうか?

『シャザム!』は2019年4月15日に日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!

小ネタはツイートでお知らせ中!