『ブラック・ウィドウ』が2020年11月6日(金)に決定! - 再び日米同時公開に!

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

新型コロナウイルスの影響で公開延期してしまったマーベル・スタジオ最新作『ブラック・ウィドウ』の新たな公開日が、2020年11月6日(金)に決定した!再び日米同時公開となる!

本来は5月1日の公開を予定していたが、昨今の状況を鑑みて苦渋の決断をしたことになる。また11月の公開日には本来『エターナルズ』の公開が控えていたが、こちらは2021年2月に延期されている。

MCUシリーズのフェイズ4最初の作品としても、今後の展開を占う重要な作品になる『ブラック・ウィドウ』。
『シビルウォー/キャプテンアメリカ』と『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の間の時系列で、ナターシャ・ロマノフの過去をめぐる物語としても描かれていく。

今作には新たなヴィランとしてタスクマスターも登場。様々なヒーローの戦闘スタイルを完全コピーできる能力があり、なおかつ暗殺者を養成しているレッドルームの支配者。今作では予告編にもあるようにナターシャやエレーナ、メリーナ、レッドガーディアンたちと対峙していく。

『ブラックウィドウ』は2020年11月6日(金)に日米同時公開予定


関連記事を読む

コメントをする