『ブラックキャット』、まだ単独映画化の可能性あり? - ソニーのプロデューサーがコメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

まもなく公開されるマーベル・スタジオ最新作の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は、ソニー・ピクチャーズとの共同製作の映画であることはファンの間では有名な話ですね。

当のソニーも独自に『ヴェノム』やアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』などの作品を作り、スパイダーマンの世界観を拡大する映画を製作してきました。

その作品の一部として公開される予定で計画されていた『シルバー&ブラック』について、久々に関係者からコメントが届きました。

ブラックキャット単体での登場になるのか?

ソニー・ピクチャーズのプロデューサーであるエイミー・パスカル氏は、海外メディアのScreenRandのインタビューに答え、『シルバー&ブラック』やブラックキャットに関するコメントをしています。

Sony Still Has Plans for Black Cat Movie

私はブラックキャットが大好きです。彼女は素晴らしいキャラクターだと思っています。「アメイジング・スパイダーマン」でも彼女の登場を少しだけ示唆しましたが、結局は登場しませんでした。(中略)「シルバー&ブラック」はまだ取り組んでいます。まだその計画は存在しています

『シルバー&ブラック』はトム・ハーディ主演の『ヴェノム』ジャレット・レト主演の『モービウス』のようなスパイダーマンのスピンオフ作品として公開が予定されていた作品。シルバーセーブルとブラックキャットを主人公にした作品で、ジーナ・プリンス=バイスウッド氏が監督をする予定でした。
数か月前に計画は実質的に中止となっており、そこからしばらくの間は情報は入ってきていませんでした。

しかしパスカル氏は以前として『シルバー&ブラック』の計画は存在しており、完全に破棄されてしまったということはないようです。
ただ今回はブラックキャットにフォーカスしたコメントでもあったため、見方によってはブラックキャットの単独映画の計画も存在しているのではないかと予想することもできますね。

果たして今後『シルバー&ブラック』の計画が動き出すことはあるのでしょうか?今後の情報に注目です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です