『ブラックアダム』、メインヴィランのサバック役にマーワン・ケンザリ? - 別のヴィランの名前も浮上

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ドウェイン・ジョンソン主演で長い間注目を集めている映画『ブラックアダム』
ようやく撮影が始まると思った矢先に、新型コロナウイルスの影響によって公開日も延期され、現状では新たな公開日は設定されていない状況だ。

しかし撮影に向けての準備は進んでおり、先日には新たな出演者としてサラ・シャヒが決定していた。

今回入った情報によると、今作に登場するメインヴィランの名前とキャスティングが浮上してきた。

2人のヴィランが候補に

海外メディアのイルミナディによると、DCコミックス映画『ブラックアダム』のメインヴィランに、サバック(Sabbac)と呼ばれるキャラクターが登場する可能性があると伝えている。

BLACK ADAM: MARWAN KENZARI EYED TO PLAY DC SUPERVILLAIN SABBAC – EXCLUSIVE

サバック役には『アラジン』で悪役のジェファーを演じたマーワン・ケンザリに白羽の矢が立っているといわれている。あくまで交渉段階ではある。

サバックとはコミックに少ないながらも登場したヴィランであり、「Sabaac」という呪文を唱えることによって6体の悪魔の力を宿すことができる。
巨大な赤い体はまさに悪魔そのもの。角なども特徴的な姿である。

呪文を唱えて力を得るところはシャザムやブラックアダムとも共通している部分もあるだろう。しかしサバックの場合は神ではなく悪魔の力であることから見ると、その邪悪さが伝わってくるだろう。

ちなみに別のメディアによると、もうひとりのヴィランの名前も浮上している。

Dwayne Johnson’s Black Adam Will Introduce DC Supervillain Eclipso (Exclusive)

The Directによると、『ブラックアダム』にヴィランとしてエクリプソが浮上していると伝えている。
具体的なキャスティングは不明とのことだ。

エクリプソとはヒーローチームのジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ(JSA)に敵対するヴィランであり、もとは神の怒りを代理で実行する存在だった。その後闇落ちして人間界で悪事の限りを尽くしているが、弱点として日光という致命的なものが存在する。

エクリプソはDCドラマ『スターガール』シーズン2にも登場するといわれているが、同じキャラクターが別キャスティングでドラマと映画に追加されることは、別世界設定あるために特段問題ないと考えれる。

このように『ブラックアダム』のヴィランには様々な噂が渦巻き始めている。それだけ撮影に向けての準備が進められている証拠だ。
果たして映画はどのようになっていくのだろうか?今後の情報に注目しておこう。

関連記事を読む

コメントをする