『ブラックアダム』、新たにホークマンが登場か - 俳優候補にはアレクサンダー・スカルスガルド?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

いま最も旬なハリウッド俳優のドウェイン・ジョンソンが主演を予定している『ブラックアダム』。今作には様々な噂がありつつも、アンチヒーローを主人公とした作品として注目を集めている。

そんな中で新たなキャラクターの名前が浮上してきた。

公式な交渉はまだ

海外メディアのイルミナディによると、『ブラックアダム』に登場するキャラにホークマンが挙がっており、演じる俳優にはアレクサンダー・スカルスガルドが交渉リストに挙げられているという。

WB EYEING ALEXANDER SKARSGARD TO PLAY HAWKMAN IN BLACK ADAM: EXCLUSIVE

『トゥルー・ブラッド』や『ターザン:REBORN』『バトルシップ』などに出演し、エミー賞を受賞した経歴もあるアレクサンダー・スカルスガルドではあるが、今のところ正式な交渉を行われていないという。

また万が一アレクサンダー・スカルスガルドとの交渉がうまくいかなかった場合は、サム・ヒューアンが候補に挙がっているということだ。

ホークマンといえばDCコミックスのヒーローチーム「ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ(JSA)」に所属しているヒーローであり、実写作品ではドラマ『フラッシュ』や『レジェンド・オブ・トゥモロー』などのアローバースに登場していた。
本名はカーター・ホールであり、考古学者の冒険家でもある。彼はエジプトのクフ王の生まれ変わりであることを知り、古代の兵器を使って戦うことになる。相棒にはホークガールおり、恋愛関係にもある。

『ブラックアダム』には先日にもアトム・スマッシャーの登場が公式にアナウンスされており、コミックでは彼もジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカに所属している。

一部の噂ではこれを足掛かりにJSAをメインにした映画が計画されているのではないかと言われている。『ジャスティスリーグ』に並ぶDCヒーローのアッセンブル映画の候補になるのだろうか?

アンチヒーローだけでなく、正統なヒーローも登場してくる『ブラックアダム』は2021年12月22日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする