『バットウーマン』シーズン2、ケイト・ケイン失踪の原因を探ることに - 新スーツ登場も

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

シーズン1が終了した後、主演女優のルビー・ローズが降板してしまったDCドラマ『バットウーマン』
ドラマは新たにジャヴィシア・レスリーを2代目バットウーマンに迎えることで再スタートを切ることになっている。

そんな今作では初代バットウーマンが消えた理由についても描いていくことが明らかになった。

ケイトの行方はシーズンの最大の謎

『バットウーマン』で脚本を務めるキャロライン・ドリース氏は、DC FanDomeのなかで、シーズン2の主要な謎についてコメントをした。

Batwoman Showrunner Teases How Kate Kane’s Disappearance Will Affect Season 2

『シーズン2に入ると、2つの主要なストーリーがあります。最初は「ケイトはどこに?」というもので、ケイトはどうなったのでしょうか?彼女は生きているの?死んでしまったの?行方不明?捕虜?迷子になったの?私たちはシーズンの奥深くまで押しやる巨大な謎です。』

また今作では新たな主人公のライアン・ワイルダーに合わせた新しいデザインのスーツも登場することになるという。

ライアン・ワイルダーは自身の親があるヴィランに殺害され、その犯人を突き止めるためにケイト・ケインのバットウーマンスーツを使って、2代目になるといわれている。

おそらくシーズン2ではライアンの親を殺害した犯人と、ケイト・ケインの行方が大きな謎になっていくと考えられる。

加えて今後は『スーパーマン&ロイス』とのクロスオーバーも予定されているので、今後の展開を期待しておきましょう。

『バットウーマン』シーズン2は2021ねんに米国にて放送開始予定。

関連記事を読む

コメントをする