『バットガール』撮影が開始! ー HBO Maxで配信の実写映画

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCコミックスを原作とした新たな作品の『バットガール』の撮影がついに開始されたことが監督のインスタグラムにて報告されている。

バーバラ・ゴードン/バットガールのネームプレートの上に置かれたカチンコには本作の公式ロゴも初めて公開されており、バットガールのスーツのカラーを思わせるパープルの色合いになっている。

今作の主演にはレスリー・グレイスが出演し、数十年ぶりにバットガールが実写作品で活躍することとなる。
バーバラの父親であるジェームズ・ゴードン役には、『ジャスティス・リーグ』で同役を演じたJ・K・シモンズが演じることになっており、数年ぶりの彼のゴードン刑事役にも注目だ。

また『バットガール』はDCEUシリーズに属している作品とされており、ゴードン刑事が同じ俳優によって演じられていることからもそれが裏付けられていると言われている。加えて同時に製作予定の『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』のスピンオフ作品『ブラックキャナリー』との関連性もあるとされ、この後には『バーズ・オブ・プレイ2』の製作もされると噂されている。

いまのところどの媒体で展開が計画されているかはわからないが、『バットガール』と『ブラックキャナリー』はHBO Maxでの配信を予定している。

今後も新たな情報が徐々に解禁されいくため、製作の動きにも注目をしておこう。

関連記事を読む