『アーマー・ウォーズ』脚本家にヤシル・レスター氏が就任! ー ウォーマシンを主役にしたスピンオフドラマ

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Disney+ (ディズニープラス)で配信を予定しているMCUシリーズのスピンオフドラマ『アーマー・ウォーズ』の脚本家がついに決定した。
ドラマ『Black Monday』などを執筆したヤシル・レスター氏がヘッドライターを務めることになったことを海外メディアが報じている。

Marvel’s ‘Armor Wars’ Starring Don Cheadle Taps Yassir Lester As Head Writer Of Disney+ Series

スタンドアップコメディアンでもあるヤシル・レスター氏が描き出す『アーマー・ウォーズ』のストーリーがどのようなものになるのか注目だ。

『アーマー・ウォーズ』に関してはまだ詳細な情報は明かされていないが、トニー・スターク/アイアンマンの相棒だったローディ/ウォーマシンを主人公にしたドラマシリーズで、トニーの死後に彼の技術が悪用されてしまったといったきっかけからストーリーが展開されることとなる。

トニー・スタークに最も近かったキャラクターのひとりであるウォーマシンが初めて主人公となるということで、ドラマに登場する新たなアーマーやアクションにも注目されている。

主演にはもちろんドン・チードルが出演予定。彼は最近配信された『ファルコン&ウィンターソルジャー』にもカメオ出演していた。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』でのトニーの死後の影響を描く『アーマー・ウォーズ』はDisney+ (ディズニープラス)で配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする