『アクアマン2』ではブラックマンタをメインに? - 続編の脚本家がコメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCコミックスの単独映画として大ヒットを飛ばした『アクアマン』。その続編は少し間をおいて2022年に公開される予定だ。

続編のストーリーに関しての詳細は明らかにされていないが、いくつかのメインキャストが続投することは判明している。
中ではブラックマンタの再登場には期待が寄せられている。

今作の脚本家は削除されたツイートの中でブラックマンタが続編において焦点を当てられることをコメントしている。

シルバーエイジのブラックマンタに焦点を?

『アクアマン2』で脚本を務めるデヴィッド・レスリー・ジョンソン氏は、自身のツイッターにてブラックマンタが映画で焦点を当てられることを明かした。

Aquaman 2 Writer Teases Black Manta Storyline for the Sequel

『私たちは特定のコミックのストーリーを改編して取り上げることはしませんが、目指す雰囲気を知る場合にはブラックマンタに焦点を当てたシルバーエイジでのストーリーを取り上げるでしょう。』

シルバーエイジとはいわゆるアメコミにおいての一時代の区分のこと。その時代に発刊されたブラックマンタのコミックに映画の雰囲気のインスピレーションになるものを探すとコメントしている。

あえてブラックマンタについてコメントするということは、続編でも彼が重要なキャラクターになることが示唆されている。該当のツイートが削除されているところを見るとその可能性は高そうです。

ちなみに前作のポストクレジットシーンではアクアマンに破れたブラックマンタことデイビッド・ケインは、アトランティスの研究をするスティーブン・シン博士に助けられ、彼にアトランティスの秘密を話そうとし、アクアマンに復讐を誓うシーンで映画が締めくくられている。

続編でもアクアマンVSブラックマンタの物語描かれると思うが、果たしてそのまま予想通りに展開されていくのだろうか?ブラックマンタは人気キャラクターなだけに製作サイドも力を入れていくことは可能でしょう。

続編映画『アクアマン』は2022年12月16日に全米公開予定です。

関連記事を読む

コメントをする