『アントマン&ワスプ:クアントマニア』最新予告公開 ー モードックやビル・マーレイの役どころも

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの2023年最初の映画で、フェイズ5の最初の映画となる『アントマン&ワスプ:クアントマニア』の最新予告編が解禁された!

さらに主要キャラクターが並ぶ最新ポスターも解禁された。

予告のなかでは今作で初登場する強敵ヴィランの征服者カーンがスコット・ラング/アントマンに対してなにか取引を持ちかけるようなセリフが確認されている。また映像では二人がバトルを繰り広げるものもあり、前2作品とは大きく異る雰囲気の映画になることは確実だろう。

一部ではカーンは量子世界からの脱出ができずにおり、そのためにスコットたちの協力を得ようと取引を持ちかけているとしている。

さらに映像では人気ヴィランのモードックの姿も確認。ロボットのようなマスクをしたものから、コミックのイメージに準拠したような人間の巨顔を顕にした姿も登場しており、モードックが映画においてどのような立場で登場してくるのかにも注目したい。

このほか今作には『ゴーストバスターズ』でもおなじみの俳優ビル・マーレイが出演。海外メディアは今作のプレスリリースから彼が演じるキャラクターがクライラー卿であることを伝えている。

クライラー卿は量子世界に存在するアクシアというコミニティの代表者で、性格はを臆病者または自己中心的。高い地位についており、そこでの生活を負い目を感じることなく満喫しているとのことだ。

いわゆる金持ちの嫌な奴といった風のキャラクターだが、ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプの母であるジャネットとは顔見知りであり、量子世界での生活で何らかの関わりがあったと思われる。

量子世界の謎とともに、マルチバース・サーガにおけるラスボス的な存在である征服者カーンの初登場を描く『アントマン&ワスプ:クアントマニア』。ヤングヒーローのキャシーの活躍も含めて、どのように『アントマン』シリーズの最後を締めくくっていくのか注目をしておこう。

映画は2023年2月17日に公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。