アマプラ独占配信の『シンデレラ』からアンサンブルアーツ&予告編が解禁 ー カミラ・カベロ主演

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

Amazon Prime Video(以下、Prime Video)が独占配信を予定しているAmazon Original Movie 『シンデレラ』から、アンサンブルアートと新たな予告編が解禁された!

冒頭から、ジャネット・ジャクソンが歌って日本でも大ヒットした「リズム・ネイション (Rhythm Nation)」に合わせてヒップホップなダンスを踊る村人たち、『アナと雪の女王』のエルサを超える圧倒的な存在感のイディナ・メンゼル演じる継母、威厳がありつつも息子気遣う父親の面も見せるピアース・プロスナン演じる国王、クイーンの大ヒット曲「愛にすべてを(Somebody To Love)」に合わせて行進する王宮の兵隊たち、そして蝶から華麗に変身するファビュラス・ゴッドマザーの登場シーンなど、見どころが満載。

カミラ・カベロ演じるシンデレラが歌う「Million to One」と共に、王子に求婚されながらも、自分の夢は必ず自分の手で実現させる、というシンデレラの強い想いを感じさせるこの予告編で、本編への期待は高まるばかりだ。

アンサンブルアートではついに王子、国王、王妃、継母、そしてファビュラス・ゴッドマザーと主要キャストが一堂に会したアンサンブル・アートが公開されているぞ。

本作は、誰もが知る”シンデレラ”の物語に、現代の世界的なアーティストによる大ヒットPOPソングを織り込み、『ワイルド・スピード ICE BREAK』での楽曲参加やグラミー賞ノミネート歴を持つシンガー・ソングライター カミラ・カベロ主演で贈るミュージカル映画。

「アナと雪の女王」エルサ役やブロードウェイ『ウィキッド』主演でも有名なあのイディナ・メンゼルが意地悪な継母を演じ、ピアース・ブロスナンとミニー・ドライヴァーが国王と王妃を演じているのも話題だ。

監督/脚本は、音楽を通じて成長してゆく少女たちを生き生きと描いた『ピッチ・パーフェクト』のケイ・キャノン。
本作ではクラシカルなおとぎ話を、80年代から現代に至る世界的大ヒットPOPソングの数々で彩り、真実の愛だけでなく、自分の夢を自分自身の手で実現させるために邁進するシンデレラの姿を見事に描き、新しいミュージカル・エンターテイメント映画を作り上げられている。

Amazon Prime Video『シンデレラ』は2021年9月3日(金)よりAmazonPrime Videoで独占配信開始予定だ!

関連記事を読む

コメントをする