ザック・スナイダー監督、グリーンランタンとしてライアン・レイノルズの出演を検討していた ー 夢の共演があった可能性

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

米国でも配信が始まる『ジャスティスリーグ:ザック・スナイダーカット』。真の完成版を目指している本作だが、企画段階ではさらに多くのことがアイディアとして盛り込まれていた。

そのうちの一つについてザック・スナイダー監督が明らかにした。

新たなクロスオーバーもあったかも

海外メディアのハリウッドレポーターのインタビューに答えたザック・スナイダー監督は、『ジャスティスリーグ』の企画案の中にグリーンランタン役としてライアン・レイノルズの出演を検討していたことを明らかにした。

『ライアンではなかったグリーンランタンについては、私も別のアイディアを持っていました。もし私がグリーンランタンについて描くことになったら、追加としてライアン・レイノルズを出演させなければいけないだろうと思った。』

劇場公開された『ジャスティスリーグ』には地球で起きた古代の戦いにおいて、宇宙からの援軍としてグリーンランタンがかけつけていたことがわかっている。
しかしそれはライアン・レイノルズが演じるものではなく、まったく別のキャラクターであった。

当時はまだ映画『グリーンランタン・コァ』の製作も残っていたと思われ、もし映画が成功していればそれにもザック・スナイダー監督が関わっていたのだろう。

ライアン・レイノルズが出演した『グリーンランタン』は2011年に公開されているが、興行収入的には失敗しており、続編が示唆されながらも1作のみとなっている。その後はライアン・レイノルズ自身も自虐ネタにされるほど有名な映画となっているが、俳優人気もあってキャラクター自体の人気も決して低くはないのだ。

もし『ジャスティスリーグ』にライアン・レイノルズのグリーンランタンが登場していたら、さらに世界観を広げてくれる大規模なクロスオーバーになっていたことは間違いないだろう。

今のところ『グリーンランタン』はHBO Maxのドラマシリーズとして計画されており、製作にはJ・J・エイブラムス監督のチームが関わっていることがわかっている。

いつの日かまたライアン・レイノルズのグリーンランタンが見れる日が来ればいいとファンの1人として願っていくとしましょう。

関連記事を読む

コメントをする