ザック・スナイダー監督、ロビンの死とバットマンのジョーカー共闘の理由を明かす ー 「あの場所を知っていた」

【広告】

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれています。

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

ザック・スナイダー監督が開催しているイベント「SnyderCon」でのQ&Aセッションにて、スナイダー監督DCEUシリーズにおけるロビンの死に関する詳細を明らかにした。
ジャレッド・レトが演じたジョーカーがなぜバットマンの相棒ロビンを襲撃し、最終的に彼を殺害するに至ったかをはじめて解説している。

スナイダー監督はジョーカーがバットマンの「本当の弱点」が、ロビンであることを理解していたと話した。

バットマンの本当の弱点はロビンだった。明らかなことは、ジョーカーがそれを理解していたということ。そして、彼が(ロビンを)爆破したことくらいは言っておこう。焼かれたり、焦げたりしたように見えるだろう”

スナイダー監督はロビンの死に関するさらなる詳細を語ろうとしたが、いつか映画で作りたい物語であるために話を止めた。

”その他については、実際のところは言いたくないんです。もしかしたらネタバレしないほうがいいかもしれないので、待ってみるべきじゃないですかね?”

監督が後年に制作をした『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』は、ベン・アフレックのバットマンとジャレッド・レトのジョーカーが、ダークサイドの手によって闇に堕ちたスーパーマンに対抗するために、一時的に同じチームに所属していることを示している。

さらにバットマンがなぜ最大の宿敵と手を組むことにしたのか尋ねられた際は、ジョーカーがクリプトナイトの場所を知っていたためだと明かしている。

”私たちの考えでは、ジョーカーがクリプトナイトの破片がどこに存在するかを知っていたんだ。だから、バットマンと取引をしている… 自分を殺さないでほしい、そうすればクリプトナイトを見せる。スーパーマンと戦うための道具を手に入れる。だから、バットマンは彼を殺したり、追い出したりすれば、自分たちを困らせることになるだろう”

2021年時点でのエスクァイア誌でのインタビューでは、スナイダー監督は『ジャスティス・リーグ』の続編が、ジョーカーの視点からロビンの死を描くことを明らかにしていた。

ちなみにハーレイ・クインもロビン殺害に関わっていたことがわかっており、その罪により刑務所にも入っていたことが判明している。

いずれザック・スナイダー監督がもう一度DCに戻ることがあれば、今回明かした内容が映像化される可能性もゼロではないだろう。

今後もスナイダー監督が構想していた内容についても注目をしておこう。

  • 【広告】

  • 【広告】