ザック・スナイダー監督、『ジャスティスリーグ』新規撮影にWBとの意見のすれ違いを明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ジャスティスリーグ:ザック・スナイダーカット』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

米国などで配信が開始され、多くのDCファンからの支持を得ている『ジャスティスリーグ:ザック・スナイダーカット』
今作にはキャストを再招集して新規で撮影したシーンがあるなど、通常のディレクターズカットとは性質が異なる製作が行われていた。

そんなシーンの撮影のために、ザック・スナイダー監督はスタジオと意見が合わなかったことを明かした。

※この記事には『ジャスティスリーグ:ザック・スナイダーカット』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

結果的にファンからも好評に

『ジャスティスリーグ:ザック・スナイダーカット』のザック・スナイダー監督は海外メディアのインタビューに対して、本編ラストのブルース・ウェインの悪夢のシーンの撮影に関して、スタジオとの食い違いがあったことを明かした。

Secrets of the Snyder Cut: How the filmmaker and VFX team reimagined ‘Justice League’ and created those new scenes

バットマンとジョーカーの関係は両方のキャラクターにとって非常に重要であり、別のDC映画で2人のシーンが製作されたことがないのならば、2人でのシーンを作らないのは失礼だと感じました。もともとスタジオは「今はそれを望んでいない」と言っていましたが、私は「とにかくやるつもりです」と思っていた。グリーンバックを使って、小さい撮影現場でもとにかくやるつもりでしたが、最終的にはそうする必要はありませんでした。』

今作のラストには「エピローグ」として、ダークサイドに地球が侵略され、スーパーマンが闇落ちしてしまったブルース・ウェインの悪夢のシーンが新規で追加されていた。

そこでは荒廃した街をまえにベン・アフレック演じるバットマンとジャレッド・レト演じるジョーカーがDC映画上では初めて対面・会話をしているシーンがあり、多くのDCファンの願いを叶えたシーンともなっていた。

結果的にファンから最も支持されているシーンでもあり、ザック・スナイダー監督が考えていたことがうまくいったことを証明したのだった。

なぜワーナーが必要がないと判断したのかはわからないが、もしかするとどこかのタイミングで彼らの共演を計画していたのかもしれない。

今となってはファンが望む通りの映画が製作されたため、あとはそのシーンを存分に楽しむだけで十分だろう。

『ジャスティスリーグ:ザック・スナイダーカット』は日本でも配信&Blu-rayの発売が予定されている。

関連記事を読む

コメントをする