『ジャスティスリーグ スナイダーカット』、ロビンについて触れることが明らかに - 2代目ロビンの計画も?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ファン待望の完全版である『ジャスティスリーグ スナイダーカット』には多くの期待が寄せられており、今まで謎めいていた部分も明かされていくと期待が込められている。

4時間ほどにも及ぶともいわれている今作ですが、ひょっとするとあのキャラについても言及されてるかもしれません。

キャリー・ケリーがロビンを継ぐ?

『ジャスティスリーグ スナイダーカット』で再び製作指揮を執るザック・スナイダー監督は自身のVeroアカウントでファンの質問に応答。
新しい『ジャスティスリーグ』でロビンについて触れるか尋ねられたところ、肯定的な回答を示した。

ZACK SNYDER’S JUSTICE LEAGUE Will Further Address Dick Grayson/Robin’s Mysterious Fate

おそらくは登場しないものの、セリフのなかでロビンについて語られるシーンなどが予想される。

DCEUシリーズにおけるロビンについては謎めいたものが多かった。現段階で明らかにされているのは、ジョーカーとハーレイ・クインによってロビンことディック・グレイソンが殺害されているということ。
『バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生』でもジョーカーによって汚されたロビンのスーツも登場している。

これらの内容については登場人物からも語られることはなく、周辺情報などから明らかになったものだ。ファンが悶々とするのも無理もないだろう。

またスナイダー監督はもし『ジャスティスリーグ』が続いていたら、2代目ロビンの登場も計画していたことを明らかにした。

JUSTICE LEAGUE Director Planned To Use Carrie Kelley As The DC Extended Universe’s Robin

ロビンを継ぐ予定だったキャラについてはキャリー・ケリーを予定していたとのこと。

キャリーはフランク・ミラーの『ダークナイト・リターンズ』にてロビンとして活躍した13歳の少女だ。
ドラマ『タイタンズ』でも知名度の高いジェイソン・ドッドではなく、キャリー・ケリーを選んだ理由は謎だが、実写作品で女性版ロビンの活躍が描かれたことはない。残念ながら幻のロビンとなってしまった。

『ジャスティスリーグ スナイダーカット』は2021年にHBO Maxで配信開始予定だ。

関連記事を読む

コメントをする