X-MEN新作『マルチプルマン』がジェームズ・フランコ主演で製作決定!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

出典:©MARVEL

20世紀FOXはX-MENシリーズのスピンオフ作品として『マルチプルマン』の単独映画製作を発表しました!
主演にはジェームズ・フランコが決定!脚本は大ヒット映画『ワンダーウーマン』のアラン・ハインバーグ、プロデューサーには今までいくつものX-MEN作品に携わってきたサイモン・キンバーグが担当!

X-MENフィルムでは4人目の単独スピンオフ!

X-MENフィルムでは今まで「ウルヴァリン」、「デッドプール」のスピンオフ作品が公開されており、現在は「ガンビット」の製作も計画されています。
そんな中新たに加わったのがマルチプルマン。

マルチプルマンは原作にも登場するミュータントで、自己のクローンを生み出せる能力を有しています。最大で100人との設定もあり。
クローン化されたマルチプルマンたちには固有の意識もあり、既に別の人生を歩んでいる個体も存在しています。

実写映画には『X-MEN:ファイナルディシジョン』に登場。演じるのはエリック・デイン。
劇中ではマグニートー側についたヴィランでしたね。

今作でマルチプルマンを演じるジェームズ・フランコは、マーベルファンならサム・ライミ版『スパイダーマン』でピーター・パーカーの親友のハリー・オズボーン/ニューゴブリン役でおなじみの俳優ですね。
久々のマーベル作品の出演ということで、キャリアを積んだジェームズ・フランコの演技に期待です。

脚本には今年の夏に大ヒットを記録した『ワンダーウーマン』のアラン・ハインバーグ氏を迎えるとあって、20世紀FOXの本気度がうかがえますね。これは面白くなりそうだ!

今のところストーリーや公開時期に関しては明らかになっていません。
X-MENフィルムの予定としては2018年4月13日に『ニューミュータンツ』、6月1日に『デッドプール2』、11月2日に『X-MEN:ダークフェニックス』が公開予定(すべて全米基準)です。
また『ガンビット』もチャニング・テイタム主演で2019年2月14日のバレンタインに公開予定となっています。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!