『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』、イエロージャケットが再登場か? ー 量子世界から帰還?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズのなかでは3作目となる映画『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』。『アベンジャーズ/エンドゲーム』にて量子世界がタイムトラベルの入り口になることがわかってから初めての単独映画ということになっており、前作から数年の時を経た作品となっている。

そんな今作に1作目のヴィランがリターンするとの情報が入ってきた。

あるドラマ作品でも示唆?

海外メディアからの情報によれば、製作予定の『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』に『アントマン』でイエロージャケットを演じたコリー・ストールが再出演すると伝えられている。

Still Watching: Loki – “Journey Into Mystery” with Marc Bernardin and Daniel Kibblesmith

記者は「何らかの形で3作目に戻ってくる」と話しており、おそらくは同じイエロージャケットとして出演することとなるだろう。

『アントマン』ラストでのイエロージャケットはスコット・ラングの機転によって量子世界に送り込まれ、そのまま戻ってくることができなくなっていた。その後の彼の消息は分かっていないが、今ではそれがタイムトラベルへの入り口になっていることを考えれば、リターンすることも不思議ではない。

また『アントマン&ワスプ』でもジャネット・ヴァン・ダインが不思議な力を持って戻ってきていることを考えれば、やはりイエロージャケット生存説には説得力が出てくる。

このほかにも『ロキ』にてイエロージャケットのマスクが登場するなど、彼について気になることは山積みだ。

ちなみにホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ役のエヴァンジェリー・リリーは以前に脚本を読んだことをインスタグラムに投稿しており、そのハッシュタグにコリー・ストールの名前が確認されていたことがあった。

以上のことから『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』にイエロージャケットが再登場することは非常に可能性が高いと考えらえる。

再び彼が戻ってくるとき、果たしてスコットとホープの敵なのか、それとも味方なのか、非常に気になるところだ。
映画は2023年2月17日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする